武田塾って?授業をしないってどういうこと?

武田塾ってどんな塾?

武田塾は『日本初!授業をしない』中学・高校・大学受験予備校※です。

武田塾では、授業を一切しないのに、偏差値30台から早慶などの難関大学に逆転合格させてきた実績があります。

授業をしないのにどうしてできない受験生が逆転合格できるのか。その秘密は『参考書』にあります。

できない受験生にありがちなのが、以下のようなケースです。

授業でわかった内容が身に付いておらず、1週間後には思い出せない

机に向かって勉強しようにも、何から手をつけたら良いかわからない

授業を受けて、勉強した気になっている

あなたがもしできないのであれば、それは授業を受けっぱなしにしているからかもしれません。

テストで得点を上げる、偏差値を上げるためには「わかる、できる、やってみる」の3ステップが必要です。

定期テスト前にみなさんが一生懸命勉強するのは、授業を受けただけではテストをしても正解できないからだと思います。このテスト前の自学自習こそが「やってみる」「できる」の段階になります。

多くのできない生徒さんは授業を「受けたまま」になっており、その後の「やってみる」「できる」が出来ていません。

高校で授業を受けて、また予備校で授業を受けているようでは、「やってみる」「できる」まで到達しません。

だから、武田塾は授業をしないんです。

※校舎によっては小学生、中学生の受け入れをしていない場合があります。詳しくはこちらをご確認頂くか、お近くの武田塾までお問い合わせください。

わかる・できる・やってみるのグラフ

武田塾が市販の参考書を勧める理由

武田塾では、先ほど解説した「わかる」「やってみる」「できる」を実現するには参考書が最強であり最速であると考えています。

授業は決まった時間に決まったカリキュラム通りに進みます。そのため、授業内容を完璧にしてもそのカリキュラムのゴールを超えることはできません。

参考書による自学自習なら、1週間に1章ずつしか進まない英文法でも8倍の速さで進めることができます。
さらに、予備校の有名講師による分かりやすい解説が入った参考書が続々出ており、参考書そのものの質もこの数年で格段に上がりました。 範囲を復習する機会もあるので、ペースが速いうえに繰り返し行うことができるという『質も量も圧倒的に効率が良い』学習方法なのです。

わかる・できる・やってみるのグラフ

武田塾のルートってなんだろう?

武田塾のルートとは、志望校に合格するために必要な参考書を示したものです!

武田塾のルートでは「どの参考書」を「どの順番」で進めれば良いのかがすぐわかるようになっています。

あとは、武田塾のルート通りに参考書をこなしていけば、あなたが希望する大学に合格することができます。

※武田塾の生徒で逆転合格をした生徒は全員武田塾のルートに沿って勉強をしています!

武田塾では、ルート参考書はもちろん、その進めるペースまで、ノウハウを全てWebで公開しています!

もし自分でやってみて分からない事があれば お近くの武田塾 までお気軽にお問い合わせください。

参考書選びと学習の進め方

まずは合格点が取れそうな大学の過去問をやってみましょう。

初めて解いた過去問が8割もしくは7割の得点を2回取れたら次のレベルへ進みます。

取れなければその大学のルートから勉強を始めましょう。

自分の学力がわかったら、あとはそのルートにある参考書をもとに勉強するだけ。
ただし、ただ数をこなすのではなく『一冊を完璧』にすることが大切です。

これをすることで、武田塾では奇跡の逆転合格を続出させてきたのです!